FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

衰えゆく人

 本日は少し重いお話を。
 面白い事は何もありません。


 今日夕方に、中学来の友人に付き添って、その友人の祖母さんのお見舞いに行ってきました。
 正確には知りませんが、恐らく一月ほど前から入院していらっしゃった模様。

 その祖母さんとは友人と知り合った中学生の頃から何度もお会いして、友人宅に泊まりに行った時も夕食をご馳走して下さったり、大変お世話になっておりました。
 今年に入ってから、友人から祖母さんの体調が優れないと伺っておりました。そして今現在は入院…

 そして今日、私も一緒にお見舞いに行きました。病室にいた祖母さんは、最後に会った数ヶ月前と比べて驚くほどに痩せていて、ひどく小さくなったように思いました。
 聴力もかなり落ちてるようで、友人が喋ってる事を何度も聞き直しておりました。
 記憶もかなり抜け落ちてるようで、友人が入籍した事やもうすぐ式を挙げるということ、何度も会ってるはずの彼女―――現在は奥さん―――の女性の事も忘れてしまってました。昔から会ってた上に色々インパクトがあろう私の事は辛うじて覚えていてくれたようです。ただ、恐らく名前は忘れてしまってるようでした…

 友人から聞きましたが、医者の見立てでは恐らく一月持たないと言うことを、約一月前に宣告されたそうです。
 間もなく一月経とうとしてる中、目に見えて衰えていらっしゃった祖母さんは、それでもかなり元気な様子でした。孫である友人に小言を言ったり、帰る際にわざわざエレベーターの前まで歩いて見送りされたり。
 もうすぐ天に召される人の姿にはとても見えませんでした。
 しかし、聞いた話では、ご老体が亡くなる直前というのはものすごく元気になったりするらしいです。まるで蝋燭が燃え尽きる直前、一際大きく炎が輝くように…
 出来ることなら本当に元気になってきた―――と思いたい所です。友人は近日中に地方でひっそりと挙式するらしいので、ビデオに収めるその孫の晴れ姿をぜひ見届けて欲しいです。年を越して新しい一年を迎えて欲しいです。

 家族でなくとも、昔から知っている人がこうして徐々に衰えていく様を見るのはすごく辛いです。
 でも私以上に、他ならぬ親族である友人の方がもっと辛いことでしょう。友人の声はかなり沈んでいるように感じたのは気のせいではないと思います。
 生き続ける限り誰しも遭遇する事――― いつかは訪れる人生の終焉―――

 叶うことなら、今日の面会が友人と祖母さんの今生の別れとなりませんように…


※このブログを見てるオフ友Mちゃん、この記事の事は本人には言わないでね。辛い思いさせるだけだから…
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

オーディン.

Author:オーディン.
ドラクエ5愛!双子溺愛!!

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。